• ホーム
  • ハウスダストによるアレルギー症状

ハウスダストによるアレルギー症状

マスクをして口元を押さえている女性

現在は多くの人がアレルギー症状に悩んでおり、そのほとんどがハウスダストによる原因とされ、室内を清潔に保つことが重要と言われています。
ハウスダストとは目に見えないほど小さなホコリを指し、空気中に漂いわずかな風の動きに影響されながら、様々な場所に移動します。

人が動かなければ停滞するようになりますが、朝に人が動き出すと、空気と一緒に舞い始めるので、寝起きでくしゃみが出やすくなるのは、これが原因とされています。
ハウスダストの中には、アレルギーの原因となる抗原が含まれていて、主に日常生活で出るペットの毛、ダニ、カビ、細菌といったものに加え、屋外から運ばれてくるスギ花粉などがあります。

ダニなどは、生きた微生物だけでなく、死骸やフンなどが原因になりますが、死骸は砕けて細かくなるため、空気中に漂うことになります。
アレルギー症状は、体内の免疫系細胞がアレルゲンを有害な物質として認識することで起こる過敏症状です。
本来ならば身体に無害である花粉でも免疫系は有害と見なすため、ハウスダストの中で人体に影響のないと言われる物質でも、思わぬ原因となる可能性があります。

これらハウスダストから引き起こされる症状はアレルギー性の鼻炎、結膜炎、皮膚炎のほか、気管支炎および喘息が挙げられます。
アレルギー症状にはハウスダストを原因とした通年性と、時期によって起こる花粉などを原因とした季節性に分けられます。
季節性の花粉症は、主に鼻炎と結膜炎に影響し、くしゃみや鼻づまり、目の充血やかゆみを伴った症状が多くあらわれます。

アレルギー性の気管支炎、喘息は慢性的な炎症がもとで、咳を伴った呼吸器の問題が多く、風邪と勘違いしやすい傾向にあります。
咳が止まらず症状が長引く場合には、アレルギーを疑う必要があります。

サイト内検索