お知らせ
    色々な薬と瓶

    アレルギーの反応は鼻水やくしゃみだけでなく、皮膚や気管支にも反応を起こします。
    喉がイガイガしたり気道が細くなるような感じがするので咳込んだり、湿疹や蕁麻疹としてかゆみを伴い肌に現れることもあります。
    特に気管支でアレルギー反応を起こすと喘息の症状として出るので気を付けなければならなく、小さい子どもだと少し咳が出たな、と思うとすぐに喘息の症状が出て、その症状に苦しむ子供も多くいます。
    また湿疹や蕁麻疹が出たら皮膚科で診察してもらい薬を処方してもらわないと、痒みが酷くなり掻きむしってしまい肌が傷付くこともあるかもしれません。
    人によってアレルギーが出る症状は異なるので、自分はどのように反応が出るかを理解しておく必要があります。

    花粉症で多いのがくしゃみと鼻水、目の痒みです。
    この場合は花粉のシーズン前に耳鼻咽喉科で診察してもらい薬を処方してもらうと花粉による苦しい症状をかなり軽減することが出来ます。

    食物アレルギーで多いのが湿疹と蕁麻疹、喉の腫れです。
    こちらは食べた後に出るので、普段の生活から特定の食べ物を摂取しない様に気を付けるか、気になる症状が出たらすぐに診察してもらいと良いでしょう。
    しかし食べ物アレルギーは湿疹や蕁麻疹だけでなく、喘息を引き起こす場合もあります。
    そのため食べた後に呼吸が苦しくなったり気管支が狭まっていると感じたらすぐに医療機関で診察をしてもらいましょう。

    くしゃみや、皮膚のかゆみなど軽度な症状のうちは自分で抗アレルギー薬を服用し症状を改善することができます。
    抗アレルギー薬はネットで注文が可能ですので、忙しい中わざわざ病院へ行かずに済むので大変便利です。
    またアレルギーは多くの種類がありますので、ハウスダストや植物など、特定の物に接した時に起こる自分の症状をしっかりと理解することで、どの様に対処すべきかを判断することが出来ます。

    花粉症対策にはアレグラという薬をお勧めします。
    副作用も少ないこのような薬を使用することで日常生活に支障をきたすことなく安全に使用できます。
    花粉症のシーズンには欠かせない治療薬でしょう。
    ただのアレルギーだと過小評価せずにしっかりとした対処法を取らないと、症状は悪くなり、最悪の場合は命を落とすこともあるので、注意が必要です。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索